もうまく基金ブログ

もうまく基金のスタッフが最新情報をお伝えするブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【視覚障碍者が一人で遠出できる”自動運転車”はいつ頃実現するのか…?・トヨタの方針転換が大きな影響を及ぼすか!?】 トヨタの自動運転、知られざる開発方針転換 そして「その先」をにらむ日産

クルマのうんテク トヨタの自動運転、知られざる開発方針転換 そして「その先」をにらむ日産[2016年1月19日・日経ビジネスオンライン]

~ 以下、上記ページから抜粋貼り付け ~
トヨタ自動車が、一線を超えた――。毎年1月、自動車関係者が多く集まるイベントが東京ビッグサイトで開かれる。複数の自動車技術関連のイベントをまとめた総称として「オートモーティブワールド」というのだが、このイベントの一環として開催された技術セミナーで、自動運転について講演したトヨタのエンジニアの言葉に、筆者は耳を疑った。それは、これまでのトヨタの開発方針から、逸脱したものだったからだ。
その発言は、「自動運転技術に対するトヨタの考え方」を説明したときに飛び出した。説明した「考え方」には、以下のような4項目がある。
1.「すべての人」に「移動の自由」を提供する
2.ドライバーが運転したいときに運転を楽しめない車は作らない
3.運転したくないとき、できないときは安心して車に任せることができる
4.MobilityTeammateConceptのもと、人と車が協調する自動運転を作る
これらの方針は、一見すると特筆すべきことは何もないように感じるかもしれない。しかし、これらの方針は、明らかにこれまでのトヨタの自動運転に関する開発方針から一歩踏み出したものなのだ。なぜならそこには、「完全自動運転」を目指すという方針が、明確に刻み込まれているからである。
実際、講演したエンジニアは「すべての人に移動の自由」を提供するという方針を説明したときに、「運転ができない人にも移動の自由を提供したい」と語り、また「MobilityTeammateConcept」について言及したときには、「同コンセプトの考え方に基づきながらも“究極を目指す”」と明言したのである。運転ができない人に移動の自由を提供するということは、人の操作を全く必要としない自動運転の実現を意味し、「究極を目指す」という言葉も「究極の自動運転」すなわち「完全自動運転」を指すことは明白だ。
開発方針を大きく転換
なぜこんな、政治家の発言の真意を読み解くような、言葉の解釈にこだわるかというと、トヨタはこれまで自動運転車の開発方針として、開発担当者や開発担当役員が「ドライバーを必要としないような自動運転車は作らない」としばしば公言し、自動運転技術を「人間が安心してクルマを運転できるようにサポートするための、ドライビング・プレジャーを向上させるための技術」と位置づけてきたからだ。「完全自動運転」すなわち人間のドライバーを必要としない運転技術を目指すとすれば、それはこれまでの開発方針を大きく転換することを意味する。
こうした開発方針の大転換は、経営者の意思決定なしにはあり得ない。トヨタの豊田章男社長自身、これまで公の席で「自動運転の開発の目的は交通事故をなくすこと」「所有者がクルマを愛車と呼ぶ意味にこだわりたい」「自動車メーカーが造るのは『愛車』。これに対し、IT(情報技術)企業が造るのは『i車』という違いがある…」などと発言しており、「完全自動運転」を目指さない方針を明確に打ち出していた。
これまでのトヨタの開発方針も、こうした社長のポリシーに沿うものだった。トヨタはつい3カ月ほど前の2015年10月、先の4つの「考え方」の中にも出てきた「MobilityTeammateConcept」を、同社の自動運転に対する考え方として表明したばかりだ。このコンセプトは、「人とクルマが同じ目的で、ある時は見守り、ある時は助け合う、気持ちが通った仲間(パートナー)のような関係を築くトヨタ独自の自動運転の考え方」(トヨタ)であり、人間と機械が助け合うことで、より高い安全性を求めていくという方針が表れている。この方針は、人間のドライバーを必要としない「完全自動運転」とは相容れない。
実際、2015年10月にこの方針を打ち出した際には、この方針に基づいて開発した自動運転の実験車両「HighwayTeammate」を公開し、2020年に同社が実用化を目指す高速道路での自動運転技術のデモ走行を実施し、首都高速道路での合流、車線維持、レーンチェンジ、分流を報道関係者に体験させた。それからわずか3カ月後の方針転換。豊田社長には、どんな心境の変化があったのか。
トヨタ自動車が2015年10月に報道関係者を同乗させてデモ走行を実施した自動運転の実験車両「HighwayTeammate」(写真提供:トヨタ自動車)
その舞台裏を伝える注目すべき報道が、2016年1月13日付の「ウォール・ストリート・ジャーナル」の電子版によってなされた。この報道によれば、2015年9月に3人の幹部が、トヨタも完全自動運転を含めた自動運転車の開発に取り組むべきと進言しようと、社長室に入ったという。長時間の説得を覚悟していた幹部たちだったが、説明を始める前から、豊田社長は既に考えを変えていた。
この心境の変化が起こったきっかけは、1年以上前に、格好いいクルマに乗りたがっているパラリンピックの選手たちと会ったことだという。そこから「運転することができない人を含むすべての人に、移動の自由を提供する」という新しい方針が生まれた。この新しい方針が、国内で公の場で表明されたのは、筆者の知る限り、今回のセミナーが初めてのことではないか。
ただし、完全自動運転の実現には、まだまだ技術的な課題が多いほか、法的な整備が進み、社会の受容性が高まることも必要だ。今回のトヨタの講演では、そうした困難に対してどのような技術開発や法整備が進んでいるかについても、これまでのトヨタの自動運転に関する講演に比べて格段に踏み込んだ説明があり、この技術に対する本気度をうかがわせた。
~ 抜粋貼り付けここまで ~

【関連コラム・記事】
シリコンバレーNext カーメーカーの選択、完全自動運転を目指す?[2016年1月20日・日経ビジネスオンライン]
ミラーない車、実用化 パナソニックなど攻勢 IT時代、変わる部品勢力図[2016年1月19日・日本経済新聞電子版]
「ミラーレス車」公道走行、6月にも解禁 国交省[2016年1月19日・日本経済新聞電子版]
米運輸省、自動運転車実用化へ4700億円 今後10年で[2016年1月15日・日本経済新聞電子版]
フォード、車の音声遠隔操作でアマゾンと提携[2016年1月6日・日本経済新聞電子版]
20年に高速道路へ トヨタ「自動運転車」の実像[2016年1月5日・日本経済新聞電子版]
注目の自動運転、すぐそこにある未来と課題--CESから始まる自動車業界の2016年[2016年1月1日・C-NET]
パイオニア、自動運転「中核技術」に参入 安く小さく[2015年12月29日・日本経済新聞電子版]
自動運転、20年公道利用へ行程表 政府[2015年12月26日・日本経済新聞電子版]
技術経営――日本の強み・韓国の強み 2016年、自動車の産業競争力を展望する 電動化と自動運転が両輪に[2015年12月24日・日経ビジネスオンライン]
  1. 2016/01/23(土) 16:57:49|
  2. QOL

毎日の花色と四季の景色が変わります

プロフィール

もうまく基金

Author:もうまく基金
もうまく基金は、現在不治の眼病である網膜色素変性症をはじめとした網膜変性疾患を、一日も早く治せる眼病とするために、治療法の確立を目指し、お一人でも多くの市民の皆様、一社でも多くの企業・団体の皆様などからのご寄付によって、日夜、治療法の研究に励んでおられる研究者を支援するため活動しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブログ内検索

カテゴリ

未分類 (69)
研究 (583)
研究-網膜変性 (87)
研究-幹細胞 (154)
研究-遺伝子治療 (17)
研究-厚生労働省 (43)
研究-文部科学省 (72)
研究-経済産業省 (11)
医療政策 (207)
医療政策-厚生労働省 (67)
医療政策-文部科学省 (15)
医薬品・医療機器 (184)
医薬品・医療機器-厚生労働省 (31)
障害・難病施策 (141)
障害・難病施策-厚生労働省 (67)
障害・難病施策-内閣府 (4)
NPO (25)
ファンドレイジング (44)
QOL (212)
QOL-厚生労働省 (22)
QOL-国土交通省 (25)
ICT (169)
ICT-総務省 (4)
ICT-アクセシビリティ (48)
イベント (52)
その他 (211)

タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。