もうまく基金ブログ

もうまく基金のスタッフが最新情報をお伝えするブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【続報】 網膜色素変性症における遺伝子治療薬に関する提携のお知らせ

網膜色素変性症における遺伝子治療薬に関する提携のお知らせ[2016年2月1日・アステラス製薬]

~ 以下、上記ページより抜粋 ~
アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長:畑中好彦、以下「アステラス製薬」)と、クリノ株式会社(本社:宮城、代表取締役社長:佐竹典明、以下「クリノ」)は、遺伝子治療*1)薬AAV-mVChR1(Adeno-associatedVirus-modifiedVolvoxchannelrhodopsin-1、アデノ随伴ウイルス-改変型ボルボックスチャネルロドプシン1)(*2)について、網膜色素変性症を適応疾患とした全世界における開発・商業化のライセンス契約を締結しましたのでお知らせします。
(中略)
改変型VChR1は、岩手大学工学部 冨田浩史教授らが創製した新規タンパク質であり、緑藻類が持つチャネルロドプシン*3)を改変した光受容イオンチャネルで、幅広い波長の光に反応するのが特徴です。網膜色素変性症モデルラットに、AAV-mVChR1を投与すると、改変型VChR1が網膜神経節細胞に発現し光感知能が回復することが分かっており、AAV-mVChR1は網膜色素変性症患者の視覚を回復させることが期待されています。
*1) 遺伝子治療:疾病の治療を目的として「遺伝子」又は「遺伝子を導入した細胞」を人の体内に投与すること。
*2) AAV-mVChR1(Adeno-AssociatedVirus-modifiedVolvoxchannelrhodopsin-1、アデノ随伴ウイルス-改変型ボルボックスチャネルロドプシン1):改変型VChR1遺伝子を搭載したアデノ随伴ウイルスベクター*4)のこと。
*3) チャネルロドプシン:光刺激を受けることにより活性化され、イオンの流出入を行うタンパク質。
*4) アデノ随伴ウイルスベクター:一本鎖DNAを含む小型の非病原性ウイルスで、遺伝子治療において治療遺伝子を生体内に発現させるための運び屋(ベクター)としてしばしば使用される。
~ 抜粋ここまで ~

【関連サイト】
クリノ株式会社 技術革新を医療へ
岩手大学 視覚神経科学研究室
研究者総覧 - 国立大学法人岩手大学
冨田 浩史/教員データブック/岩手大学 工学部 大学院工学研究科
冨田浩史教授と菅野江里子特任准教授が文科大臣表彰(研究部門)を受賞! 工学部ニュース/岩手大学 工学部 大学院工学研究科

【関連報道】
網膜色素変性症の遺伝子治療薬でクリノと提携 アステラス[2016年2月3日・QLifePro医療ニュース]
  1. 2016/02/06(土) 22:51:18|
  2. 研究-網膜変性

毎日の花色と四季の景色が変わります

プロフィール

もうまく基金

Author:もうまく基金
もうまく基金は、現在不治の眼病である網膜色素変性症をはじめとした網膜変性疾患を、一日も早く治せる眼病とするために、治療法の確立を目指し、お一人でも多くの市民の皆様、一社でも多くの企業・団体の皆様などからのご寄付によって、日夜、治療法の研究に励んでおられる研究者を支援するため活動しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブログ内検索

カテゴリ

未分類 (69)
研究 (583)
研究-網膜変性 (87)
研究-幹細胞 (154)
研究-遺伝子治療 (17)
研究-厚生労働省 (43)
研究-文部科学省 (72)
研究-経済産業省 (11)
医療政策 (207)
医療政策-厚生労働省 (67)
医療政策-文部科学省 (15)
医薬品・医療機器 (184)
医薬品・医療機器-厚生労働省 (31)
障害・難病施策 (141)
障害・難病施策-厚生労働省 (67)
障害・難病施策-内閣府 (4)
NPO (25)
ファンドレイジング (44)
QOL (212)
QOL-厚生労働省 (22)
QOL-国土交通省 (25)
ICT (169)
ICT-総務省 (4)
ICT-アクセシビリティ (48)
イベント (52)
その他 (211)

タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。